委託販売リクロ!査定後に委託販売(出品)か、買取かを選択できる仕組みとは

高いお金を出して買ったブランド品は、不要になったとしても、できるだけ損をせずに処分したいですよね。

 

以前は、ブランド品を処分する方法は、オークションに出すか、業者さんに買い取ってもらうというものが一般的でした。

 

でも最近は、委託販売という選択肢を選べる「リクロ」が注目を集めています。

 

そこで、リクロの仕組みについて、詳しくお話していきたいと思います。

 

売りたいブランド品が手元にあったら、まずリクロに会員登録をします。
登録は無料で、メールアドレスとパスワードの入力だけでOKです。

 

次に、PCやスマホから、不要なブランド物を引き取ってもらうための申し込みをします。
その後、指定した日時に、配送業者さんが荷物を取りに来てくれます。

 

もし留守をすることが多い人は、ダンボールなどが全てセットになった「宅配キット」を使うこともできます。

 

こちらを希望する場合は、申し込みの時にその旨を伝えれば、宅配キットを送ってもらますよ。
ちなみに、配送業者さんに依頼する時も、宅配キットを希望する時も無料です。

 

そして、専門業者さんに査定をしてもらい、後日、査定結果の連絡が届きます。
査定に関しても、全て無料で行ってもらえます。

 

連絡が来たら、「買取」か「委託販売」のどちらか希望の方を選んでください。

 

「買取」を選んだ場合は、査定金額でブランド品を買い取ってもらって終わりです。
これに関しては、他の買取業者さんと同じですね。

 

一方、「委託販売」を選んだ時は、買い取った商品を売った金額から、手数料を引いた金額を受け取れます。
自分の代わりに売ってもらうため、その分の手数料が差し引かれます。

 

「手数料を引いた金額」と言っても、実際の金額は、買取の場合よりも高い金額を受け取ることができる場合がほとんどです。

 

ブランド品をリクロで委託して売るメリットは 他社買取サービスとどう違うの?

リクロと他者買取サービスでは、具体的に何がどう違うのでしょうか。

 

そこで、ブランド品をリクロで売るメリットについてお話していきます。

 

まず挙げられるのは、何と言っても、「通常の買取よりも、高い値段がつく」という点です。

 

リクロでの委託販売を選択した場合、買い手のめどがつけば、買取よりも多くお金をもらえることが多いようです。

 

もっとも、買い手がいなければ、いつまで経っても入金されることはありません。
でも、買い手がつくことがほとんどのようなので、「いつまで経っても買い手がいない」ということはあまりないようです。

 

なので、

  • 高値がつく
  • ほぼ確実に入金される

こちらは、保証されていると言われています。

 

なぜ、ほぼ確実に買い手のめどがつくのかというと、そのカギは、リクロの販売経路にありました。
リクロは、国内だけでなく、海外にも豊富な販売経路を持っています。

 

そのため、中古ブランド品の販売実績が、国内外を通してかなり豊富なのです。
なので、スムーズに販売してもらえるため、かなりの高確率で現金化できるということですね。

 

また、「本当に、委託販売で買い手がいるのか心配」という人のためには、保証サービスも用意されています。
これも、他社の買取サービスとは違うメリットの1つです。

 

「ほぼ確実に買い手がいる」と言われても、「本当かな」と不安になる人も多いですよね。
でも、安心してください!

 

リクロで委託販売を依頼し、60日以内に買い手がいなかったら、「買取」という形に切り替えることができます。

 

買取に切り替えると、委託販売の時より若干値段は安くなりますが、必ず現金化されることが保証されています。
なので、「自分が出したブランド品が、全く現金化されない」というリスクはありません。

 

そのため、安心してリクロに任せることができます。

 

委託リクロの還元率と手数料

リクロに委託販売を依頼した時の、還元率と手数料についてお話していきます。

 

販売価格が15,000円未満の場合、還元率は50%となります。

 

例えば、14,000円の販売価格だった時は、14,000×0.5という計算で、受け取れる金額は7,000円になります。

 

販売価格が15,000円以上10万円未満の場合は、還元率は65%になります。

 

例えば、2万円の販売価格だった時は、20,000×0.65で、13,000円を受け取ることができます。

 

販売価格が10万円以上になった時は、還元率は70%で、7万円以上受け取ることができます。

 

販売価格が30万円以上になった時は、還元率は80%で、24万円以上受け取ることができます。

 

更に、50万円以上の販売価格になった場合は、還元率は何と90%で、45万円以上受け取ることができます。

 

このように、販売価格が上がれば上がるほど、還元率はどんどん高くなっていきます。

 

そのため、高級で状態の良いブランド品であるほど、委託販売をお願いした方がお得ですよね。

 

委託手数料は

今お話したことを踏まえて、手数料について見ていきましょう。

 

販売価格が15,000円未満の時は、50%が手数料として差し引かれます。

 

15,000円以上10万円未満で販売された時は、35%分が手数料として差し引かれます

 

10万円以上で販売された時は、30%分が手数料として差し引かれます。

 

30万円以上で販売された時は、20%分が手数料として差し引かれます。

 

そして、50万円以上で販売された場合は、10%が手数料として差し引かれます。

 

「手数料を差し引かれる」というと、何だか損をしたような気分になりますよね。
でも、このようにして見ていくと、差し引かれる手数料は、それほど多くはありません。

 

そのため、手数料を差し引かれても、通常の買取より、たくさんの現金を受け取れる可能性が高いです。

 

委託販売リクロを利用する場合の費用はかかるの?

リクロの委託販売を利用する場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか。

 

まず、リクロを利用するにあたっての登録料は無料です。
なので、「不要なブランド物を買い取ってもらいたいな」と思ったら、その時点で、誰でも気軽に登録することができます。

 

また、年会費なども一切かからないので、安心して登録してくださいね。

 

次に、業者さんに集荷してもらう際の費用も無料です。
業者さんが集荷に来たら、荷物をただ渡せばOKというだけの気軽さですよ。

 

また、宅配キットでの発送を希望する際のキット一式の費用・送料も無料です。
更に、送ったブランド物の査定料も無料になります。

 

ここまで見ていくと、登録から査定まで、全てが無料だということですね。
「本当に全て無料なのかな」と不安になることもあるかもしれません。

 

でも、正真正銘、全て無料なので、誰でも負担なく利用できるというのがリクロの大きな魅力です。

 

ちなみに、査定をしてもらった後、「査定額に納得がいかない」ということもあるかもしれません。
その場合は、送ったブランド物を返送してもらうことも可能です。

 

この時の返送料も無料なので、自己負担する必要はありません。

 

登録・集荷や発送・査定、そして、査定額に納得できなかった時の返送料…、リクロは全て無料です。
なので、「費用がかかったらどうしよう」と心配する人でも、安心して利用できますね。

 

リクロで委託販売する時の流れ

では次に、リクロで委託販売をする時の流れについてお話していきます。

 

まず、委託販売を希望するかどうかを決める前に、用意しなければならない個人情報が2つあります。

 

それは、

  • 「身分証明書」
  • 「振込口座の情報」

です。

 

身分証明書は、パスポートやマイナンバーカード・免許証などでOKです。

 

どれか1つを用意して、会員登録時に、身分証明書をコピーした画像をマイページに貼り付ける形になります。
または、査定してもらいたいブランド物の荷物の中に、身分証明書のコピーを同封するという形でも大丈夫です。

 

いずれにしても、ブランド物を売る場合、「古物営業法」という法律により、身分証明書を提出しなければなりません。

 

振込口座の情報は、売買が成立した時、現金を入金してもらうために必要です。
こちらに関しても、会員登録時に、必要事項をマイページに入力する形になります。

 

この情報がないと、売買が成立しても、現金が振り込まれなくなるので、気をつけてくださいね。

 

委託販売リクロをおすすめしたい人

委託販売リクロは、どんな人におすすめなのかをお話していきます。

 

まずおすすめしたいのは、「少しでも高い値段でブランド物を売りたい」という人です。

 

リクロの委託販売は、通常の買取業者さんよりも、高い値段がつく場合がほとんどです。
また、同じリクロでも、買取プランより、委託販売プランの方が高値がつくことが大半です。

 

なので、少しでも高く買い取ってもらいたい人は、ぜひリクロの委託販売を利用してみてください。
万が一、買い手のめどがつかなくても、途中から買取プランに変更することもできます。

 

なので、最初から委託販売のプランにしておけば、損をすることはありません。

 

また、「オークションに出品するのが面倒」という人にも、リクロの委託販売はおすすめです。
オークションに出品するとなると、出品のための作業を、全て自分でやらなければなりませんね。

 

また、落札者とのやり取りも、自分でやらなければなりません。
でも、リクロの委託販売なら、これらの面倒な作業を全て負担してもらえます。

 

こちらがやることは、売りたいブランド物をリクロに送り、入金を待つだけです。
なので、面倒な作業やストレスなく、ブランド物を買い取ってもらうことができますよ。